TEL:048-290-1679
お問合せフォーム

事務所概略

事務所名
アイ社会保険労務士法人
所長
土屋信彦
所在地
埼玉県川口市戸塚2-18-18 厚川ビル205
TEL
048-290-1679
営業時間
平日 9:00~18:00
(休日:土・日・祝日)
対応地域
埼玉県を中心に都内23区内など。それ以外の地域の方もお気軽にお問い合わせください。

新書のご案内

社員を適正に辞めさせる法

「社員を適正に辞めさせる法」
アニモ出版刊
1,575円(税込)

著書のご案内

御社の潜在労務リスクをあぶり出すチェックシート

「御社の潜在労務リスクをあぶり出すチェックシート」
土屋信彦・佐藤広一共著
中経出版 刊
1,680円(税込)

著書のご案内

御社の潜在労務リスクをあぶり出すチェックシ-ト

御社の潜在労務リスクをあぶり出すチェックシート

土屋信彦/佐藤広一
中経出版 1,680円(税込)

【出版社/著者からの内容紹介】

駆け込まれる前に、踏み込まれる前に、御社の労務トラブルのタネを「見える化」!

ここ数年に限っても、労働関係の社会問題は、「サービス残業」「名ばかり管理職」「偽装請負」「派遣切り」など、次々と表面化しています。

こうした問題に対応するため、労基法や派遣法、労働契約法の改正・整備などが頻繁に行われています。
また、個別労働紛争が100万件にも達する事態に、労働基準監督署なども監視を強めており、実際に、是正勧告が出されるケースも多発!会社を取り巻く労務のリスクは、日増しに高まっているのです。

ただ、「労務リスクを回避すること」は、いまや会社の命運さえ握るような重要事項ですが、 

  • 労働法の条文はたくさんあり過ぎるし、法改正も頻繁に行われる
  • それぞれのリスクの重要度がわからない
  • 何から手を付けていいかわからない

といった理由で、二の足を踏んでしまう経営者も多いのが実情です。 そこで、この本では、

  1. まず「自社のどこに労務リスクが潜んでいるか」をあぶり出し
  2. 発覚した労務リスクに優先順位をつけて、上から潰していく

というやり方を提案します。

具体的には、計170あまりのチェックポイントを7つの分野に分け、分野ごとに解説。
まずはチェックシートを使って、自社の状況をチェックするだけで、放っておけないリスクが「見える化」できます。
またチェックシートには、項目ごとの「重要度」も書いてありますので、「いま、取り組まなければならないことが何なのか」がひと目でわかります。

著者陣は、M&Aや株式公開の際の労務リスクの監査なども数多く手がけていますが、労務問題のエキスパートである社会保険労務士(特定社会保険労務士)の中でも、これらのノウハウを持っている人材は少ないのが実情。
本書は、これら監査の現場でも使われているような信頼性のある実践的ノウハウもふんだんに盛り込みながら、「労務リスクのツボ」をわかりやすく解説します。

内容(「BOOK」データベースより)
駆け込まれる前に、踏み込まれる前に、御社の労務トラブルのタネを「見える化」。

社員を適正に辞めさせる法 [単行本(ソフトカバー)]

社員を適正に辞めさせる法

出版社: アニモ出版
価格:¥ 1,575

【出版社/著者からの内容紹介】

業績不振などでリストラ(人員整理)を余儀なくされている会社が増えています。一方で、問題社員をどのように辞めさせたらよいかと頭を悩ます経営者も多いでしょう。しかし、労働基準法等のルールを守らないで解雇等を行なうと、あとで労務トラブルに発展し、多大な労力と時間、そして思わぬ出費が発生します。
本書は、経営者や役員、人事労務担当部課長向けに、無知や誤解にもとづくリストラや解雇を行なわないように、労働法の正しい解釈とその運用のしかた、それを踏まえたうえでの合法的な社員の辞めさせ方を、実践的に解説・指南する本。誰にも相談できない経営者に勇気を与える本です!
内容(「BOOK」データベースより)

「解雇しても大丈夫だろうか…」誰にも相談できない経営者に勇気を与える本。「問題社員を辞めさせたい」「やむを得ずリストラをしなければならない」そんなときに悩まないための処方箋を労務のプロが具体的に指南。
著者について
労務リスクソリューションズ◎人事労務の分野において発生するトラブルを解決するために編成された、特定社会保険労務士と弁護士から構成されたソリューション・チーム。独自に開発した「労務リスクチェックシート」により労務監査を実施し、自社のどこに労務リスクがあるかをあぶり出し、発覚した労務リスクに優先順位をつけて上位から問題や課題を解決していく、経営者に寄り添い勇気を与える集団。本書の執筆メンバーは、特定社会保険労務士の佐藤広一、土屋信彦、および弁護士の田中純一郎、西田弥代。